会長挨拶

aisatu28n

 

 

NPO法人徳島県レクリエーション協会は昭和49年6月3日に設立いたしました。平成26年6月3日で満40年になりました。

 
  設立してからの30年間は県教育委員会や県スポーツ振興財団に事務局を設置して諸活動を展開して参りましたが、平成16年の30周年を機に自立の機運が高まり、平成18年に現在の事務所を開設して独立を果たし、平成18年にNPO法人に認証され、社会貢献団体に仲間入りをしました。


  この長年の間に、地道な活動の実績が積み重なって、今日があることに感動と喜びを禁じ得ません。幾多の方々に幾多の場面でご支援をいただき今日があることに深く感謝し厚くお礼を申しあげます。そして、ご一緒に現場で笑顔を弾けさせてくださった指導者の皆さん方にも心からお礼を申しあげます。本当に有り難うございました。

  ところで、既にご承知のとおり平成23年8月にスポーツ基本法が50年振りに改制定されました。「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことが全ての権利である」と明記され、また、そのなかに「スポーツ・レクリエーション」が組み込まれ、レクリエーション関係者にとって大きな変化が生まれました。つまり、近年の激変する社会環境のなかでスポーツ・レクリエーション活動の重要性が公認されたことになり、レクリエーション協会や公認指導者に寄せられる期待がさらに大きくなってきました。


  私たちは、日常レクリエーションを目指して日頃から地域における「笑顔で元気づくり集団」として県内の各地でスポーツ・レクリエーション活動を推進してきており、お陰様で一定の成果は見てきておりますが、これを機会に総合型スポーツクラブを軸としてスポーツ関係諸団体やレクリエーション協会や公認指導者が連携して、力を合わせて、もっともっと地域に根ざした活動へと発展させていこうという動きが加速されてきています。


  幸いに本協会会員の皆さん方は県内の各地に居住されています。これまで忙しくて時間がとれなかったり、活動の場が遠隔地であったりで、活動したくても活動が出来ないといった方が多いと聞き及んでいます。県内の各地域で各種団体が連携して各地域で活動の場を作れば、自分の居住地において、自分の活動できる範囲内で、自分の活用できる時間内で活動に取り組んでいけるなど活動がし易くなり、力量を遺憾なく発揮することができることになるでしょう。


  私たちは、こうした流れに呼応して日常レクリエーションを推進し、広く県民の「笑顔DE元気づくり」に寄与したいと願っています。皆さん方のより積極的な活動を期待しております。


  40周年を大きな区切りと位置づけ、勇躍して県民の皆さんへの「笑顔de元気づくり」を目指してともに前進・飛躍しようと決意いたしております。


  レクリエーション現場でお逢いしましょう。楽しみにしています。                     

                                                        NPO法人徳島県レクリエーション協会 会長 米田 潤二